表面加工の種類

表面加工の種類と比較

表面加工とは・・

印刷面をキズや汚れから防止することや、印刷をより美しく魅せることを目的として施されます。

商品のイメージに合わせた表面加工を行うことは重要なプロセスとなります。

OPニス(Over Print ニス)

表面に透明な油性溶剤を塗りツヤを与え、色落ちを防止します。

キズ、汚れ防止機能は他の表面加工に劣りますが、
印刷と同時に加工するので低価格で若干の納期の短縮になります。

食品関係の箱によく使われています。

マットニス

ニス(OPニス)と同様の方法により、つや消し効果を与えます。

若干の照りが残るのが特徴です

ビニール引き

塩化ビニールを塗りツヤを与えます。

キズ、汚れ防止機能はニスよりも優れ
比較的安価で用途が広く様々な目的のパッケージに使用されています。

マットビニール

ビニール引きと同様の方法により、つや消し効果を与えます。

マットニスよりも高価ではありますが、より深く、落ち着きのある仕上がりを得られます。

プレスコート

印刷面に溶剤を塗った後、
ローラーで圧力をかける加工で強い光沢を与え、印刷面を十分に保護します。

ニス、ビニール引きに比べて若干高価ではありますが、
現在最も多くのパッケージで使用されています。

フイルム(PP・PET)貼り

プラスチックフイルムと紙を貼合し、強い光沢を出せる加工です。

近年では環境問題からポリプロピレンフイルムを使用しています。

高価で特殊な箱によく使用されています。

マットフイルム(PP・PET)貼り

フイルム貼りと同様の方法でつや消し効果があります。

マットビニールよりさらに落ち着きがあり、高級感のある仕上がりになります。

箔押し

箔版で印刷面を加圧し転写させる加工で、
オフセット印刷では出せない凹凸と強い光沢を得られるのが特徴です。

ロゴマーク等によく使用されています。

エンボス

印刷面に模様を型押しする加工で、
デザインとの調和が出来れば印刷が派手でなくてもかなりインパクトのある仕上がりを得られます。

ワニ革のバックのような模様や、
文字やロゴを浮き出させる方法などあらゆる場面で使用されています。